24オプションをざっと検証


FX取引での相場予測

FXでは、外国為替市場の為替相場のレート変動を利用して投資取引を行っているために、この為替相場がどのような値動きをしていくのかを予測していくことが、取引きのポイントになっています。

この予測が難しいのがFXの特徴的な部分の一つともいえ、例えば、同じように相場を利用した株取引などを行っている場合には、その予測は比較的にやりやすいといえるでしょう。

これは、市場の規模によるためであり、株取引でその企業が発行する株の評価損益を求めて投資を行っていくのであれば、市場全体や社会経済の状況にも影響を受けることがありますが、その企業の社会に対する絶対的な価値によってもその株の価格は大きな影響を受け、例えばその企業が属する業界が全体的にダメージを追っていたとしても、その企業自体の業績が伸びていれば、その株の価値には影響はないわけです。

参考: 【HIGHLOW.PW】

しかし、為替相場を決定している外国為替市場では、その市場の規模が巨大であるために、これほどうまくいかず、様々な要因がそこに盛り込まれます。
外国為替市場は、世界の国々に点在している為替市場を、インターネットなどの通信網で相互に連携させている、いわば仮想の巨大市場となっているために、常に世界中の銀行や企業、個人投資家などの売買取引が行われ、通貨が常に流通しているのです。

通貨を発行している国や地域の経済状況や政治の動向、近隣諸国との関連や連携国との関係性などにも影響を受け、また経済指標の発表や政府高官、経済界の要人の発言、台風や地震などの自然災害、テロ、戦争などの地政学的なリスクも加味され、さらにこれを売買取引し、そこから利益を求めようという世界中の投資家の投資心理も反映されているために、為替相場の変動を予測することは、大変に難しいのです。

こうしたことを予測するために相場を長期的かつ包括的に予測する「ファンダメンタル分析」や、相場の過去の数値やレートの変動を視覚化したり指数化することにより短期的かつ直接的に予測をする「テクニカル分析」などが、その予測のための分析手法として用いられていますが、こうしたことを行っていったとしても、外国為替市場が作り出す為替相場のレート変動を予測していくことは、大変に難しいのです。

もちろん、どうせ完璧に予測することができないのだからといって、このような相場予測を行わずにFX取引を行う事はあまりにも無謀であるために、決してお勧めすることはできません。

FXは相場の変動を予測して利益を増やしていく投資取引であり、それは同時に相場の予測の如何によっては損失をも増やす可能性があるという事につながります。
予測は難しいですが、その仕組みや傾向を知っておくことで、その精度を高めていくことはできますので、ファンダメンタル分析では常に鮮度の高い情報を求め続けること、テクニカル分析では様々なチャート図やテクニカル手法などの予測道具をできるだけたくさん使って体で覚えていくことを行い、よりその精度を研ぎ澄ませていくことが必要なのです。



他のメニュー
  関連記事


24オプションの噂

  出金拒否


サイトインフォ

  ご利用にあたって
  運営者より


FXトレーダーの小言

12月上旬に1ドルが120円を超えました。8月から円安傾向になっていると気が付いたときはここまでの数字になるとは思いませんでした。このままどこまで行ってしまうのかと心配でしたがその後は少しずつですが下がってきています。

120円の時にさらに上に行くのではないかと思い買いを入れてしまった人は焦っているかもしれません。この先どうなるのかわかりませんが120円という数字になるのがまた数年後になってしまうかもしれないからです。








 
(c) 7bksa.com